蒸気自動車のなりたちと特徴

蒸気自動車とは、その名のとおり蒸気機関を用いて動く自動車のことです。また、人類で初めての人工的なエネルギーを利用して動くことのできる乗り物です。蒸気自動車が作られた(発明)されたのが1700年代です。これは、有名な蒸気船や蒸気機関車よりも先に作られた(発明)されたことになります。そして、これを開発したのがフランスの発明家です。つまり、蒸気自動車を作ったのはフランスが最初ということです。当時のフランスでは、荷物を運ぶときや野戦時での大砲や弾薬、火薬などの運搬を行う馬や荷車の代わりとして使用されていました。そして、フランスで使われていたのが、産業革命の始まりであるイギリスでも作られるようになりました。イギリスで使用して実用化をされたが、フランスと同様に蒸気自動車に関する法律が決められてしまい、事実上路上運行が不可能になってしまいました。この自動車の特徴は、蒸気機関であるピストンが回転運動をすることにより動く仕組みでした。現在では、蒸気機関を小型化することができます。また、騒音とはまったく逆の静かでした。現在のような複雑なギアチェンジなども存在しないため扱いやすく、とても加速が速いのが魅力でした。

コメント

コメントを受け付けておりません。