自動車維持に必要な維持費について

自動車の運転免許を取ると、自分の自由に乗れる車が欲しくなります。自動車について出ている雑誌などを見ているといろいろな車が載っていて、自分の好みの車両の目安もわかることでしょう。しかし、車を所有するというのはそれだければありません。
購入時には、諸費用がかかり、自賠責や取得税、重量税などのお金がかかってくるので、本体価格にプラスになります。これはその車によっても異なりますが、10~20万円程度の金額になります。購入時にローンを組めば、その後毎月ローンの返済をしていきます。
車に乗るようになると、忘れてはならないのが、任意保険の加入です。任意保険というのは、自賠責のほかに自分や車両などに何かが起こった時に補償してくれる保険です。若い人では、毎月2万円以上にもなることがあります。駐車場がない人では、借りなければなりません。毎月の駐車料金がかかります。さらには、新車登録から3年、その後2年ずつ、車検を受けることになります。車検の時には、再び自賠責や重量税などの法的に支払いが義務付けられている費用もともに払う形になります。
このような維持費のほかにも、普段のガソリン代やエンジンオイル、ブレーキオイル、故障の際の修理費など、本当にお金がかかるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。