着火?スパークラグにオイル付着したときの対策とは

ガソリンエンジンは、高圧電気を点火プラグに送って、放電による火花を作り出し燃料に着火しています。
着火を行う際に強い衝撃を受けるため、次第に摩耗していき、着火が遅れたり燃焼に勢いがなくなりエンジンの性能が低下していきます。
このように燃焼状態が悪くなると、カーボンなどが付着してしまい、さらに火花が弱々しくなりエンジンが不調となってしまいます。
こういったスパークラグの種類はいくつかあり、耐久性の高いものは白金プラグやイリジウムプラグで、その寿命は10万キロメートル走行です。
自浄作用が高いため寿命が長くなり、整備の手間が少なくて済みます。
ニッケル合金のものは、2万から3万キロ走行が寿命となっています。
プラグにオイルがついていている場合があります。
その場合は、カムカバーのプラグが差し込まれているところをよく見てみます。
そこにオイルがついていたりたまっていたならば、オイル付着の原因はカムカバーパッキンの劣化になります。
もしプラグの先の電極部分にオイルがついているのならば、重大なトラブルです。
ピストンに穴が開いたり、オイルリングの不具合やバルムステムシールの劣化などが考えられますので、シリンダーヘッドのオーバーホールをはじめとする多少大がかりな修理が必要となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。