消臭方法の種類について

車に乗っていると、どうしても気になる車内の匂いですが、消臭方法にはどのような種類があるでしょうか。
ホームセンターなどで車関連のコーナーに行くと、いろいろな匂い対策のグッズが売られています。いろいろありすぎて迷ってしまいそうですが、主に、一時的に気になるときにするスプレータイプと、常時車に置いておいて、匂いを吸い取るタイプとあるはずです。スプレータイプは、例えばタバコを吸ったときなどに、匂いが残らないようその場でスプレーでき、即効性があります。一方、匂いを吸い取るタイプは、即効性はないものの、置いている間、匂いを取り続けてくれます。ただし、匂いを吸い取るための液体や、粒々がなくなってしまった場合は、効果がなくなりますので、気を付けておいて取り替える必要があります。匂いが強い場合、また、高温の条件の下では、早くなくなりやすいようです。
また、これらの商品にも、香りが残るタイプと、無香料タイプがあります。これは、それぞれの好みで選べばよいでしょう。ただ、タバコなどの強い匂いが気になる場合は、香りが残るタイプを選ぶ人が多いようです。香りでごまかすのが嫌な人や、もともと香水などの香りが苦手な人は、無香料タイプを選ぶようです。
ただし、徹底した匂い対策のためには、これらの商品に頼るだけでなく、こまめに車内の掃除をして、匂いのもとをきれいにしておきましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。