スタッドレスタイヤの特徴

以前は降雪時に車に装着したタイヤはスパイクタイヤが多数を占めていました。しかし、降雪時のグリップ力には安定性があったものの、雪が積もっていない、または路面が凍結していない状況下では冬タイヤに埋め込まれたピンがアスファルトの道路を削ってしまい粉塵を巻き上げる等の問題点が生じてきました。その巻き上げられた粉塵は、目や鼻、喉の病気を引き起こしたり、気管支喘息を悪化させる等の健康被害が発生しました。そのような環境の中、スパイクを埋め込まない状態で積雪路や凍結路で従来のスパイクタイヤとの対比で、スパイクタイヤの問題点を克服しつつスパイクなしでも問題なく運用できる性能とすべく開発されたのがスタッドレスタイヤです。積雪路の走行を目的としているため、夏用タイヤと比較するとグリップ力を高め溝が深く掘られており、溝を構成するブロックにはサイプという細かい溝が切られ雪上の水分を取り込み、よりグリップ力を高めています。メーカーにより溝の形状等に個性はあるものの共通しているのは、路面温度が零度以上では想定されている効果が発揮されにくいという事と、タイヤの保存状態の悪さからゴムが劣化した場合にはグリップ力が当然発揮されなくなります。新品でも中古でも保管状態が悪ければゴムは劣化します。一時期、慣らし運転が必要でありましたが今はメーカーの工夫により改善されてきています。

コメント

コメントを受け付けておりません。