Sタイヤの特徴

Sタイヤすなわち、サマータイヤは、スタッドレスなどのウインタータイヤの反対語として意味を持ちます。ウインタータイヤが出現するまでは、サマータイヤという言葉はなく、ただ普通のタイヤでした。特徴は、やはりスタッドレスと対比するとはっきりし、スタッドレスタイヤと比べて、ドライ路面、ウェット路面での走行性能に優れ、燃費性能が良く、静寂性があり、、耐摩耗性も優れています。一方、気温が氷点下に近づくにつれて、グリップ力が低下し、凍結路面や圧雪路面での走行性や、ブレーキ性能は劣ります。法律的な扱いでは、都道府県は道路交通法施行規則、道路交通規則等によって、積雪及び凍結路面では、テェーンの装着か、滑り止めの性能を有するタイヤの装備を義務付けています。一般に、冬季の積雪が予想される地域では、冬にはスタッドレスタイヤ等に取替え、春から秋には、サマータイヤを装着します。しかし、スタッドレスタイヤは高額で経済的負担が大きいため、雪国でも一年中、サマータイヤを装着し、テェーンを携帯するにとどめる人もいます。一方、同じ理由から、近年のスタッドレスタイヤの耐摩耗性の向上により、一年を通して、スタッドレスタイヤを装着する人も出始めました。

コメント

コメントを受け付けておりません。