レシプロエンジンの特徴と構造について

自動車というのは、通勤するため、買い物に行くため、遊びに行ったり旅行に行く際等、様々なシーンで大いに活用出来る存在です。そしてそんな車のエンジンには幾つか種類があり、その中で数多くの車に使われる代表的なエンジンと言えば、レシプロエンジンです。
このエンジンの特徴は、ピストンがシリンダーの中で往復運動を繰り返す事によって、出力を発揮するというものです。そのためガソリンエンジンだけでなく、ディーゼルエンジンもピストン運動により動力を得ているという構造なので、含む事が出来ます。更に自動車以外にも船舶の動力や、かつては航空機、電化されていない鉄道の動力源としても用いられており、広く使用されているのです。ただし同じ自動車の中には、ピストンではなく、ローターの回転運動により出力を発揮するというロータリーエンジンも存在しています。
そんなレシプロは、燃料サイクルの構造の違いにより、4ストローク型と2ストローク型の2つに分ける事が可能です。4ストローク型は、吸気、圧縮、膨張、排気の工程を、クランクシャフトが2回転する間に行うもので、特に4輪駆動車に多く用いられています。対する2ストローク型は、同じ工程をクランクシャフトが1回転する間に行うものであり、4ストローク型に比べて燃費が劣り、エンジン音も大きくなる傾向にあるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。