マッドテレーンタイヤの特徴

マッドテレーンタイヤ(オフロードタイヤ)は、オフロードを走るのに特化したタイヤです。大型四輪駆動車向けの社外品として販売されていることが多く、泥の地形に対応するためにトレッドはリブが大きく、偏平率も大きくなっています。柔らかい路面の泥濘地や砂地、整地されていない場所で、トレッドが食いつき、強いトラクション性能が発揮されます。接地面積を増やすためにわざと空気圧を抜くこともありますので、サイドウォール部分にまでリブが付けられているものもあり、このことはビードロックを使うことも示唆していますので、強いビードが作られているものもあります。ただしオフロードに特化させると、舗装路面においては、どうしても接地面積が小さくなってしまいます。そうなるとグリップ性能が落ちてしまうことになります。他国では、舗装路面で使用できるものか否かのテストがあり、それで承認されていない限り、公道を走ることは禁止すると定めている国もあります。またこのタイヤの設計は、柔らかい雪道を走行するのにも向いていますので、スノータイヤの一種であることを表記されています。ただし、スタッドレスの持つトラクション性能には及びませんので、「突然の雪に対応する程度」と捉える方が安全です。

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。