車を維持するのに常時かかるコストの概要

車は今や生活には欠かせないものとなっています。一家に1台あるところがほとんどで、地方では一人1台というところもあるくらいです。
このように車ととても便利な反面、維持費といった費用もかかってしまうのです。
まず車は必ずどこかに停めなければなりません。車を購入する時には車庫証明というものが必要で、車を路上などに停めないように駐車場を確保してそこに停めるという証明をしなければならないのです。
その場合、家に空き地があればそこで車庫証明を取得することができますが、都会のなかではそのようなスペースも限られているためどこかで借りなければなりません。
そのため駐車場代というものが必要となります。これは1万円から高いところでは3万円以上にもなることがあり毎月支払う必要があります。
それと車を動かすにはエネルギーが必要です。最近でこそ電気を使用した車が増えてきましたが、基本的にはガソリンが必要です。
しかしこれが異常に高くなってきているのです。日本ではほとんど石油がとれません。そのためほとんどが輸入のためその市場価格に左右されてしまうのですが、これに税金もかかってとても高いものとなっています。
他にもメンテナンスや車検などの費用もあり、車を維持するにはお金がかかります。

コメント

コメントを受け付けておりません。