車の快適性は車内だけでなく、車外も重要

クルマを今よりも快適にしてドライブを楽しみたい場合は、内装用品ばかりに目を向けるのではなく、車外にも目を向ける必要があります。外装部品によって、乗り心地や走り心地が大きくかわることがあるからです。たとえば、エアロパーツがあります。スポーティーな外観に変えることができるパーツですが、エアロパーツは外観を単にかっこよく見せるためのものではありません。もともと空力特性を良くするために考えられたパーツです。クルマは走行中に空気の抵抗を受けます。その空気の流れをコントロールするのがこのエアロパーツで、フロントからサイド、そしてリアに取りつけることによって、空気の流れが良くなり、安定性が増します。

また、同様にタイヤも大きく乗り心地を左右します。スポーツタイヤはグリップ力が増して、シャープなコーナリングには適していますが、乗り心地は逆に硬くて、悪くなることがあります。騒音や燃費性能もあまりよくありません。快適な乗り心地を求めるのなら、コンフォートタイプのタイヤを選ぶと良いでしょう。静粛性が高く、乗り心地も当たりが柔らかく感じることでしょう。このようなパーツは価格以上に大きな効果があるので、目的に合わせて選ぶとドライブがより一層楽しくなることでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。