加速力不足

軽自動車は価格が手頃で維持費も安いので、日常の道具としてみた場合非常に優秀なものとなっていますがそれでも欠点というものがあります。
その中でも一番大きなものとして、パワーの無さがあげられ660ccしかない軽自動車はどうしても非力になってしまいがちです。
パワーがないとどのような面で苦労するかというと、まず加速力がないので流れに乗ることが難しいという欠点があります。
そのため、無理に流れに乗ろうとするとアクセルを踏み込むことになるため、燃費が悪化しやすいという問題があります。

次に力がないと登坂車線を走行している時に、加速が鈍いという問題があります。
上り坂というのはパワーを必要としますから、非力な軽自動車にとってはこのような場所はパワー不足を感じやすい場所の一つとなっています。
そして、積載重量の影響も受けやすく特に大人が4人乗ったときなどは全然前に進まないといった、感じになってしまうことがあります。
特に最近の軽自動車というのは大きく車内が広くなった分だけ、大人4人が普通に乗車することができるようになりましたが、そのぶんだけ車重も重くなったことから絶対的なパワー不足を感じる場面というのも増えてきてしまっているのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。