排気量と車体サイズ

排気量が大きいと、簡単に言えば、エンジンのパワーが上がります。
自動車のパワーは、トルクとエンジンの回転数に比例するものですが、排気の量が増えると、トルクが増え、より大きなパワーが得られます。エンジン以外の条件が一緒であれば、排気が大きいほど、加速や最高速がより出るようになります。
エンジンの回転数が高い場合も大きなパワーが出ますが、一方で音がうるさくなり、振動も大きくなるので、エンジンの回転数よりも排気の量が大きいものの方が、静かで快適に走ることができるわけです。
しかし排気が多い車は、パワーが出る分、それに耐えられるだけのボディなども必になります。ゆえにコストがかるので、スポーツカーや高級車などにしないと採算が取れません。一方、高級車のように、ゆったりと快適な車を作ろうとすれば、車にはそれなりの長さや幅も必用になりすし、高価な装備を付けることもあります。それで重量としては重くなりがちです。この重い車を快適に走らせようとすると、必然的にパワーのある排気の多いエンジンが要るというわけです。
つまり、おおざっぱにいえば、排気の量が大きいと高級で車のサイズも大きく、小さければエコで経済的で、車体も一般的に小さいということになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。