ガソリンのメリットとデメリット

自動車は、何らかの燃料によりエンジンもしくはモーターを動かすことで走行する乗り物です。最も一般的なのはガソリン(揮発油)を燃料として走行する自動車ですが、軽油を燃料とするディーゼル自動車も存在します。また、電気を充電するタイプの自動車、すなわち電気自動車(EV車)やプラグインハイブリッド自動車(PHV車またはPHEV車)もあれば、水素を燃料とする水素自動車や燃料電池車などもあります。
これら種々のタイプの自動車用燃料の中で、揮発油にはメリットもあればデメリットもあります。まずメリットすなわち利点についてですが、電気や水素を燃料として走る自動車と比べて給油スタンドが至る所に整備されていること、そして1回の補給により走行できる距離が比較的長いことを挙げることができます。また、自動車本体の価格に関しても、他の燃料を使って走行する自動車よりも安価であるのが一般的です。
一方、デメリットすなわち欠点としては、軽油などとと比べて値段の高い燃料であること、そして、電気や水素を燃料とする自動車は走行時に有害物質を発生させないのに対し、二酸化窒素などの有害物質を排出すること、などといった点が挙げられます。また、石油系燃料であるため、中東情勢や為替レートの事情で価格が変動しやすい(価格が比較的不安定である)という点もありますが、この欠点に関しては軽油や電気についてもほぼ同じことが言えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。