ドライブに行く前に!忘年熱海海上花火大会だったらここがオススメ

伊豆半島の熱海といえば、温泉観光で有名で、東京の都心からも適度な距離にあるため、日本人、外国人を問わず、年間をとおしておおぜいの観光客がおとずれる場所となっています。その熱海では、毎年「忘年熱海海上花火大会」が開催されていますが、花火といえば全国的にはサマーシーズンの代名詞であるところ、実はウィンターシーズンにも開催をしているというめずらしいものです。これは、過去に伊豆東方沖地震によって、熱海地区の客足が急速に遠のいてしまったということの打開策としてはじめられたもので、いまではそれが伝統行事のようにすっかり定着してしまっています。「熱海海上花火大会」は、熱海港の岸壁などでの打ち上げとなり、サマーシーズンに限っては、海岸線に沿って宿泊者専用観覧席や有料観覧席が設置されることになりますが、ウィンターシーズンについてはそうした観覧席はありません。そのため、もしもウィンターシーズンの「忘年熱海海上花火大会」を見学する場合には、海岸に近い旅館やホテルなどに宿泊をして、居間からこたつを囲みながら窓越しにというのがおすすめです。熱海温泉ホテル旅館協同組合に加盟している各旅館やホテルでは、こうした花火にあわせて特別プランを用意しています。

コメント

コメントを受け付けておりません。