ドライブに行く前に!天城越えで遊ぶなら

演歌の好きな人であれば、「天城越え」と聞くと、1986年に発売された石川さゆりさんの楽曲を思い起こすことでしょう。この歌の題材ともなっている天城越えとは、静岡県の伊豆市と河津町を結ぶ天城峠を超える旅路のことを言います。そして現在、この天城峠の北には、「道の駅・天城越え」という施設があります。伊豆市内を走る国道414号(下田青道)沿いに設置された道の駅です。この周辺の特産物は清流に育てられたワサビで、この道の駅でもワサビやその加工品が販売されています。この道の駅ならではのソフトクリーム「わさびソフト」は、多くの観光客に人気の商品です。また、道の駅の一画にある「天城わさびの里」では、ワサビ漬けの加工体験ができたり、出来上がった品をお土産に持ち帰ることができたりします。
では最後に、この道の駅からさらに先に進んだ場所で楽しめる観光地にも注目しましょう。伊豆市側からこの天城峠を超え、実際に「天城越え」のドライブをしてたどり着く先は、河津町や下田市などといった太平洋に面した市町です。国道414号線沿いに走行してゆけば下田市へ、また途中から県道14号線沿いに進めば河津町へ行くことができます。下田市は幕末に来航したペリーやハリスなどにもゆかりのある土地で、日本が開国したころの歴史に触れることができるまちです。一方、河津町は春の早い時期に花を咲かせる「河津桜」でも名の知られた町で、こちらもやはり有名な観光地です。

コメント

コメントを受け付けておりません。