電気自動車の開発へ

日本でも昔に電気自動車が開発されたことがありました。しかし、電気を蓄える機能が今ほど発達していなかったため、走行距離も短く、全く普及しませんでした。電気自動車は、モーターによって電気を動力に変換します。その変換効率はガソリン車よりも高く、現在研究が進んでいる燃料電池自動車も電気自動車の一種です。水素と酸素が結合した時に発生する電気エネルギーを動力に変換しています。
ガソリン車は燃料と空気を圧縮して爆発されることにより、動力を生んでいますが、様々な制御は電気を動力源にするものと比べて難しく、新規参入をして採算を取ることが難しい分野だと言われています。
また、ガソリン車は二酸化炭素や窒素酸化物などの地球環境に悪影響を及ぼす物質を排出するため、触媒技術なども併用しなければなりません。それに比べて電気自動車は、構造が簡素化でき、走行時に有害物質を排出しません。そのため様々な企業の新規参入がしやすい環境です。今後はソーラー発電システムなどの環境に優しいエネルギー源を用いることでより低炭素社会を実現することができます。未来の地球環境を守るためにも電気自動車のさらなる進化と普及を社会が求めるようになるのではないでしょうか。

コメント

コメントを受け付けておりません。