デメリットを紹介

軽自動車は近年、普通自動車のシェアを奪うほどに注目されるようになった自動車です。
安く購入でき、また性能面においても日常使用であれば問題ないほどになってきたことが人気の理由ではありますが、しかし軽自動車には軽自動車なりのデメリットもあります。
まず一つ目として、多くの軽自動車は積載量が普通車に劣るということです。
法律上、どうしても乗員数が4名までに限られてしまうため、大人数で移動するのには向いていないところがあります。
ライトバンタイプであれば荷物の積載量は不自由が無いこともありますが、それでもハイエースなどの大型の普通自動車を上回る積載量を持つ軽自動車はありません。
また排気量が限られるため、パワーが弱いということも短所と言えます。
普段の街乗りであればさほど気になることではありませんが、峠道などの険しい道を走る際にはやはりパワー不足が否めません。
坂道では特に問題になりやすく、アクセルを踏み込まないとなかなか登りきれないということが少なくありません。
そして、最近では改善されてきたものの安全性についても劣る部分があるということは短所として押さえておく必要があります。
車体自体がコンパクトであるために衝撃の吸収性についてはやや劣るということが否めませんから、普通車であれば耐えられたような大事故であっても軽自動車では耐えられないということもあります。
軽自動車はメリットばかりの夢の自動車では無いということは一つの事実と言えるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。