加速力不足

軽自動車は価格が手頃で維持費も安いので、日常の道具としてみた場合非常に優秀なものとなっていますがそれでも欠点というものがあります。
その中でも一番大きなものとして、パワーの無さがあげられ660ccしかない軽自動車はどうしても非力になってしまいがちです。
パワーがないとどのような面で苦労するかというと、まず加速力がないので流れに乗ることが難しいという欠点があります。
そのため、無理に流れに乗ろうとするとアクセルを踏み込むことになるため、燃費が悪化しやすいという問題があります。

次に力がないと登坂車線を走行している時に、加速が鈍いという問題があります。
上り坂というのはパワーを必要としますから、非力な軽自動車にとってはこのような場所はパワー不足を感じやすい場所の一つとなっています。
そして、積載重量の影響も受けやすく特に大人が4人乗ったときなどは全然前に進まないといった、感じになってしまうことがあります。
特に最近の軽自動車というのは大きく車内が広くなった分だけ、大人4人が普通に乗車することができるようになりましたが、そのぶんだけ車重も重くなったことから絶対的なパワー不足を感じる場面というのも増えてきてしまっているのです。

走行での安定性

車を購入する際、車体のデザインや色合い、或いは車内の内装やスペースといった点に目が行きがちです。確かにそれなりに大金を支払い購入する以上、愛着が湧く様な優れたデザインの車を購入したいという気持ちが当然だったりします。同様に長時間のドライブを行っても疲れない様なシートや、買い物した荷物等を積み込み易いといった利便性も車を選ぶ上で、十分に注意すべき点です。
ですがその分、車を運転する際に重要な車の走行性能というのを疎かにしてしまう人が少なくありません。もっとも高級なスポーツカーを購入する訳でもないのに、走行性能を気にしても仕方がないと考える人もいます。更に最高時速300キロのスポーツカーを購入しても、レースにでも出場しない限り、その速度を活かす事はなかったりするのも事実です。
なので重視すべき走行性能とは、単純に速度の事ではなく、走行での安定性の事です。特に高速道路では、ある程度、スピードに乗った状態でカーブを曲がる事になります。ですが走行が安定していない車だと、カーブを曲がり始めた所で車体がふらついて怖い思いをする羽目になるのです。しかも高速道路で曲がる際にふらついてしまうと、大きな事故に繋がる恐れがあります。だからこそ、車を選ぶ際は足下が安定した物を選ぶ様にすべきです。

デメリットを紹介

軽自動車は近年、普通自動車のシェアを奪うほどに注目されるようになった自動車です。
安く購入でき、また性能面においても日常使用であれば問題ないほどになってきたことが人気の理由ではありますが、しかし軽自動車には軽自動車なりのデメリットもあります。
まず一つ目として、多くの軽自動車は積載量が普通車に劣るということです。
法律上、どうしても乗員数が4名までに限られてしまうため、大人数で移動するのには向いていないところがあります。
ライトバンタイプであれば荷物の積載量は不自由が無いこともありますが、それでもハイエースなどの大型の普通自動車を上回る積載量を持つ軽自動車はありません。
また排気量が限られるため、パワーが弱いということも短所と言えます。
普段の街乗りであればさほど気になることではありませんが、峠道などの険しい道を走る際にはやはりパワー不足が否めません。
坂道では特に問題になりやすく、アクセルを踏み込まないとなかなか登りきれないということが少なくありません。
そして、最近では改善されてきたものの安全性についても劣る部分があるということは短所として押さえておく必要があります。
車体自体がコンパクトであるために衝撃の吸収性についてはやや劣るということが否めませんから、普通車であれば耐えられたような大事故であっても軽自動車では耐えられないということもあります。
軽自動車はメリットばかりの夢の自動車では無いということは一つの事実と言えるのです。

価格や維持費の安さ

雨の日や、寒いとき暑いときそれを気にすることなく移動ができるのが自動車の魅力です。
買い物も、重いものを運ぶときでも便利で活躍してくれます。
しかし、問題はその価格も高くそれに伴う税金も毎年あり排気量が大きくなるほど高くなります。
自動車は、購入時だけでなくそれ以後も維持費もかかるものです。
そのために、10年以上前から軽自動車が売上を伸ばす傾向になっています。
毎年、販売数をランキングでしていますがここ10年位は必ず上位には軽自動車がランクされています。
昔のイメージとは違い、軽自動車の内部は広くまた使いやすい工夫が数多くあります。
その魅力は、購入時も比較的手軽に買えます。
毎年くる税金も、軽自動車以外と比べると半分以下になります。
任意保険も安くなり、そして燃費がいいのが一番の軽自動車の魅力です。
ガソリン代が、値上がりをすると軽自動車の良さを実感できます。
家計にやさしく、あると便利なものなら軽自動車がおすすめです。
今は、荷物を入れても大人が4人ゆっくりとと座れるスペースがあります。
車検も排気量が低いのでここでも費用は安くなります。
コンパクトに、走りやすいので女性にも運転がしやすいと人気があります。

車体の小ささ

軽自動車は経済性が高く現在人気の高い車ですが、それだけではなく他の利点として車体が小さく取り回しが容易というものがあります。
車の大きさが小さいというのは、欠点にもなりうるものですが軽自動車の場合には扱いやすさを重視されるのに加えて、遠出をするよりは市街地などでの日常生活の足として利用をされることが多いものだけに、小さいというのは扱いやすさに通じる利点のひとつとなっているのです。

小さければそれだけ狭い道でも、余裕を持って走ることができますし小回りもきくので狭い道や場所での右左折や転回にも便利です。
スーパーなどで駐車場などを利用する時にも幅のある車の場合、左右の車に気を使いながら車を止める必要がありますが軽自動車の場合にはそのようなことを気にせずに車を止めることができます。
そして、最近の軽自動車というのは概観はコンパクトでも車内は極限まで広くスペースをとられているものが多いので、運転をしやすく車内は広々快適という車が多く便利に利用することができるのです。

このように軽自動車というのはその車体の小ささがそのまま利点に繋がっていて、狭い道などでその進化を存分に発揮してくれる車となっているのです。

メリットを紹介

軽自動車とは、道路運送車両法で定められた車の事です。
その軽自動車を購入するメリットは、色々あります。
まず、コストパフォーマンスが良いです。
購入時の費用も少なくて済みますし、ガソリン代や高速料金も安く済むでしょう。
税金も安くなりますし、保険料も安いです。
車検が安い事もありますし、バッテリーやタイヤなどの消耗品も安く購入出来るでしょう。
人気がある車種なら、中古で売る時にも価格が高くなります。
ボディも小さいので小回りが利きますし、細い道でも楽に移動出来るでしょう。
見た目は小さいのですが、中は広くて使いやすい車が沢山あります。
燃費が良いので、ガソリン代も安く済ませる事が出来るでしょう。
スペースもあまり取りませんし、車庫入れがスムーズです。
一部の地域を除きますが、車庫証明の提出の義務がありません。
登録の時に必要な印鑑証明必要ないので、手続きが簡単です。
車の運転が苦手な人でも、比較的乗りやすくなっています。
軽自動車専用の駐車スペースもありますので、駐車待ちの車が多い場所でも駐車出来る可能性があるでしょう。
ただし、大人数で乗る事は出来ませんし、パワーが弱いのも難点です。
また、ボディが薄くなっている場合が多く、車の振動を感じやすくなっています。

 

排気量と車体サイズ

排気量が大きいと、簡単に言えば、エンジンのパワーが上がります。
自動車のパワーは、トルクとエンジンの回転数に比例するものですが、排気の量が増えると、トルクが増え、より大きなパワーが得られます。エンジン以外の条件が一緒であれば、排気が大きいほど、加速や最高速がより出るようになります。
エンジンの回転数が高い場合も大きなパワーが出ますが、一方で音がうるさくなり、振動も大きくなるので、エンジンの回転数よりも排気の量が大きいものの方が、静かで快適に走ることができるわけです。
しかし排気が多い車は、パワーが出る分、それに耐えられるだけのボディなども必になります。ゆえにコストがかるので、スポーツカーや高級車などにしないと採算が取れません。一方、高級車のように、ゆったりと快適な車を作ろうとすれば、車にはそれなりの長さや幅も必用になりすし、高価な装備を付けることもあります。それで重量としては重くなりがちです。この重い車を快適に走らせようとすると、必然的にパワーのある排気の多いエンジンが要るというわけです。
つまり、おおざっぱにいえば、排気の量が大きいと高級で車のサイズも大きく、小さければエコで経済的で、車体も一般的に小さいということになります。

セカンドカーに向いている

軽自動車はセカンドカーに向いている車です。文字通り2番目の車という意味です。以前はファーストカーと違い買い物や子供の塾通い、家族の送迎など主として自宅周辺で使う車でした。維持費もかからず、経済的な上小型で運転がラクという便利な車です。郊外の不便な地域では必要不可欠な車です。最近では普通自動車同様車種も豊富ですから2番目の車として利用するよりもメインの車として利用できる価値があります。車両価格も安く燃費もよく、コンパクトなので車庫入れもラクですし狭い道でも運転がしやすいなどよい事ずくめです。最近の軽自動車は普通車にひけをとらないくらい装備もよく安全対策もよくなりましたので売れ行きが順調です。車高が高いワゴンは空間が広くゆったりとしていて乗り降りがしやすいなどから家族の移動に便利です。軽自動車の主流になっている車です。山道も走れるアウトドア用に最適な車、ドライブ専用の車は一人か二人用の車でオープンカーなので屋根がなく開放感が味わえます。豊富でさまざまの車種からそれぞれのメリット、デメリットを見極める必要がありますが、ファミリーカーとしても使える小型で経済的な軽自動車を自分のライフスタイルにあわせて選べます。

特徴を紹介

軽自動車の特徴としては車両本体価格のほか自動車を持つ際に支払う税金や保険料などの維持費が安いを基本に日本の道路事情に適しています。車両本体価格が安い理由には普通車と違いエンジンパワーが少ない専用のエンジンをつけることに加えて、その他の部品もエンジンパワーにあった数で作るので安くなります。エンジンパワーを落とすことは悪い面のようになりますが、実際に普通自動車よりも燃費が良くなり、さらにスピードが出る代わりに小回りが利くので曲がり道の際に道幅に関係なくスムーズに曲がることできます。この車の購入者が年々増加傾向にある理由には安いことが一番ですが、それ以上にあるのが先に言ったとおりに日本の道路事情が大きく関係しています。日本の道路というのは海の大地が隆起してできた土地柄のため起伏の大きい山が多いことに加えて、実際に日本の道路は島国の小さい面積上で道路が組み立てられているので大半は2車線や1車線にしなければならないほど道路が小さくかつ曲がり道も多いのですその小さい道路で曲がり道の多い道路において事故が無く安全に運転するには、どの道路幅にも関係なく曲がれる性能を持った車が必要になることによって年齢問わずに購入者が増えている背景となります。

軽自動車が選ばれる理由とは

アイランド04小型で管理が楽な軽自動車は、利便性の高さが見直されたり、実用性重視で選択される傾向があります。
車体が小さいので乗り回しが楽ですし、駐車場所の制限が少ないので、どこでも安心して保管出来ますから、全国的に活用される機会があります。
本体の価格が安く、税金面の利点が特徴ですから、予算を節約したり、経済的な負担を軽減したい場合に役立ちます。
また、車体が軽く燃費の良さを持ち合わせているので、日常的に活用する機会が多ければ、維持費を安く維持する事が可能です。
車が欠かせない地域では、これらの利便性が有利ですから、普通車と比較すると普及率が優れ、日常の便利な足として活用されます。
購入や維持などのコストが低いので、業務用の目的で購入される場合があり、狭い場所でも活用出来る特徴が、仕事の現場でも選ばれる理由になります。
元々人気が高いタイプなので、メーカーは開発や販売に力を入れますし、安全性確保と燃費改善を行い、他の車に引けを取らない魅力を持つだけではなく、質と価値の向上が行われます。
馬力の面では不利なので、坂道や山を走る用途には向きませんが、平坦で舗装された道ならどこでも走れますから、導入してメリットを感じる条件は幅広い場所に存在します。

次のページ »