ボディカバーの選びのコツ

屋根のついた駐車場にクルマを保管するのではなく、野ざらしの屋外にクルマを保管している場合は、雨風や紫外線などの影響を直接受けてしまうので、ボディが雨風で汚れたり、サビの原因になったり、また紫外線によって塗装が劣化したりなど、悪影響を受けやすくなってしまいます。屋外にクルマを保管する場合、外からの悪影響を避け、少しでもボディをきれいに保つ方法として、ボディカバーを装着すると効果的です。脱着に多少手間はかかりますが、その分ボディの状態を良好に保つことができるようになります。

ボディカバーを選ぶポイントは、まずクルマのサイズに合ったものを選ぶことです。できれば安価な汎用品ではなく、
そのクルマの形にあって作られた専用のものを選ぶと良いでしょう。汎用品は大きめに作られているので風などが吹いた場合、暴れてかえってボディに傷をつける原因にもなりかねません。二つ目にきちんと防水加工が施されていることです。雨がしみこんでしまうと、カバーの中で蒸れてしまいます。同様に紫外線にも強い材質のものが良いでしょう。粗悪品はすぐに劣化してぼろぼろになってしまいます。三つ目に、脱着の際に擦れてキズを作ることがないために、内側が柔らかに素材のもので覆われているものを選ぶと良いでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。