4ストロークエンジン仕組みと役割

最近では電気自動車や水素自動車などガソリンを使わない車が増えてきましたが、まだまだエンジンの必要性は残っています。
車で使われるエンジンは内燃機関と言ってシリンダー(筒)の中で何らかの燃料を燃焼させてその熱エネルギーで動く原動機です。
その仕組みは筒とその中にぴったり収まるピストンがあり注射器に似ています。
ピストンは上下動を繰り返すのですが、その縦の動きをクランクと言う棒が振り子のように動いて回転運動に変換します。
その回転運動がタイヤを回す動力になります。
シリンダーには先端にバルブと呼ばれる開閉する穴がついていて、給気と排気を行います。
給気とはガソリンを含む空気(混合ガス)をシリンダー内に送り込むことです。
排気とは燃えたあとの排気ガスをシリンダー内から排出することです。
実際の動作は以下のとおりです。
1.給気バルブが開いた状態でピストンが下がり混合ガスがシリンダに入ります。
2.ピストンが上がって混合ガスを圧縮します。
3.電気的に火花を起こして混合ガスを燃焼爆発させてピストンを押し下げます。
4.排気バルブを開けた状態でピストンを上げて排気を行います。
この4つの動作をサイクル(工程)と言います。
工程のたびにピストンが上下動(ストローク)するので、このようなエンジンを4ストロークエンジンと言います。

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。