エンジンの特徴とパワー

発進・停止を繰り返す自動車の動力原として改めて考えた時、今までの当たり前の存在であったエンジンには厄介な特徴があるのです。

エンジンのパワーと回転数には密接な関係があります。
自動車のカタログの諸元のページには必ず『性能曲線』のグラフが載っています。これを見ると判るのですが、ある一定のパワーを出そうとする時には、それなりの回転数まで回っていないといけないのです。
高いギヤでゆっくり走っているとエンジンの回転数は低くなりますが、その状態からアクセルを踏み込んでもなかなか加速できませんし、ガソリンの無駄です。低いギヤに変速してアクセルを少し踏み込み、回転数の高いところを使うことで狙った速度まで早く到達できます。
最もパワーを出せて最も燃費のいい回転数域は両立せず、必要なパワーに応じてアクセルの踏み込み量が少なく済む領域を使うために変速機構が必要でした。

また、エンジンはガソリンと空気を混ぜて圧縮・爆発させることで力を発生させているので、停止した状態から力を発生することができません。回り始めにはモーターなどの外部の力が必要になります。
ですが、自動車は使う上で発進・停止する事が求められるので、アイドリング状態で回転させたままクラッチ(AT車はトルクコンバーターがその役割を持つ)で回転力を車輪と断続する必要があります。

エネルギー効率のいい回転域が限られ、停止状態から力を発生出来ないエンジンは、変速機構や断続機構を併せることで今までの自動車の動力源として当たり前の存在でありました。

電気の長所と短所

地球温暖化が原因とみられる、異常気象などの環境問題の解決は喫緊の課題です。温暖化の原因となる二酸化炭素を出さない、クリーンなエネルギーの開発と普及が求められています。ガソリンを使わずに走ることのできる電気自動車は、環境への配慮と人類の持続的な発展のために必要とされている製品です。地球と生物に有害な排気ガスを出さないこと、エネルギー効率が優れていることが最大の長所といえます。ガソリンを燃焼させる必要がないので走行音が静かで、充電は家電の電源コードをプラグに挿すような感覚でできます。一般家庭に普及すれば、地球にとっても社会にとっても大きな利益になるでしょう。一方で、技術的な問題から自動車の値段が高くなりがちで、充電するための設備や施設がまだ十分でないなどの弱点を抱えています。しかし、現在課題として挙げられている短所のほとんどは、継続的な開発と技術の発展によって将来的に克服することが可能です。価格が高くて購入しにくいのが現状ですが、今後開発が進めは、将来手ごろな価格で購入できるようになるでしょう。ガソリン代がかからない分、走行にかかる費用を大幅に抑えることができるので、長期的に見ればお得になる自動車です。

電気自動車の開発へ

日本でも昔に電気自動車が開発されたことがありました。しかし、電気を蓄える機能が今ほど発達していなかったため、走行距離も短く、全く普及しませんでした。電気自動車は、モーターによって電気を動力に変換します。その変換効率はガソリン車よりも高く、現在研究が進んでいる燃料電池自動車も電気自動車の一種です。水素と酸素が結合した時に発生する電気エネルギーを動力に変換しています。
ガソリン車は燃料と空気を圧縮して爆発されることにより、動力を生んでいますが、様々な制御は電気を動力源にするものと比べて難しく、新規参入をして採算を取ることが難しい分野だと言われています。
また、ガソリン車は二酸化炭素や窒素酸化物などの地球環境に悪影響を及ぼす物質を排出するため、触媒技術なども併用しなければなりません。それに比べて電気自動車は、構造が簡素化でき、走行時に有害物質を排出しません。そのため様々な企業の新規参入がしやすい環境です。今後はソーラー発電システムなどの環境に優しいエネルギー源を用いることでより低炭素社会を実現することができます。未来の地球環境を守るためにも電気自動車のさらなる進化と普及を社会が求めるようになるのではないでしょうか。

エンジンの特徴とパワー

車のエンジンには様々な種類があります。最も一般的なのがシリンダー内をピストンが往復するレシプロ型と呼ばれるもの。燃料が軽油を使うディーゼル型。電気を動力の補助的或いは燃費向上を目的としたハイブリッド型。過給を使ってレシプロエンジンと組み合わせたターボ型。そして世界でもマツダしか商品化に辿りつけなかったロータリー型などが代表的なエンジンの種類となります。それぞれの特徴としてレシプロ型は、歴史も古く最も確立された技術であり、耐久性、燃費、パワーに於いて全てに対して優等生と言えるでしょう。またディーゼル型は重い荷物を運んだり、急な坂道を登る際に必要なトルク(軸回転力)を低回転から多く発生させることができます。また最近主流となってきているハイブリッド型は燃費が良いのが最大のメリットです。次にターボ型ですが、小さな排気量でも過給を付ける事で、倍の排気量並みのパワーを得られるのが魅力となります。しかし昨今のエコロジー思考から消えつつあると言っても過言ではないでしょう。最後にロータリー型ですが、部品点数が少なくシンプル構造で軽量コンパクト、また回転運動を回転動力に変換しているため、振動が少ないことが挙げられます。

ガソリンのメリットとデメリット

自動車は、何らかの燃料によりエンジンもしくはモーターを動かすことで走行する乗り物です。最も一般的なのはガソリン(揮発油)を燃料として走行する自動車ですが、軽油を燃料とするディーゼル自動車も存在します。また、電気を充電するタイプの自動車、すなわち電気自動車(EV車)やプラグインハイブリッド自動車(PHV車またはPHEV車)もあれば、水素を燃料とする水素自動車や燃料電池車などもあります。
これら種々のタイプの自動車用燃料の中で、揮発油にはメリットもあればデメリットもあります。まずメリットすなわち利点についてですが、電気や水素を燃料として走る自動車と比べて給油スタンドが至る所に整備されていること、そして1回の補給により走行できる距離が比較的長いことを挙げることができます。また、自動車本体の価格に関しても、他の燃料を使って走行する自動車よりも安価であるのが一般的です。
一方、デメリットすなわち欠点としては、軽油などとと比べて値段の高い燃料であること、そして、電気や水素を燃料とする自動車は走行時に有害物質を発生させないのに対し、二酸化窒素などの有害物質を排出すること、などといった点が挙げられます。また、石油系燃料であるため、中東情勢や為替レートの事情で価格が変動しやすい(価格が比較的不安定である)という点もありますが、この欠点に関しては軽油や電気についてもほぼ同じことが言えます。

ガソリン自動車実現のポイント

自宅の自動車産業の発展の背景には、ガソリン自動車と呼ばれるタイプが大きく存在しています。日常的に使用されているものであるため、近所でも常に見かけるようになりましたが、実際のところは開発までには想像以上の苦労があったのです。ガソリンスタンドを全国へバランスよく配置させる取り組みも重要な側面になっていて、全国に自動車を流行らせるという政府と企業が力を合わせて掲げた行動が結果的に良い方向に促された事例のひとつであるとも語られています。さらにガソリンスタンドで働く人の数を増やす雇用促進にもつながったため、実現にはメカが完成してから10年以内におさめることができたのです。最近ではセルフタイプのガソリンスタンドも登場して、ガソリン自動車というジャンルは揺るぎない地位を確立しているといった内容になっています。消費者のニーズに合わせて賢い方法を採用していくことにより、ガソリン自動車の未来は自然と保証されていくことになるのです。
その一方で、庶民に受け入れられるような価格にガソリン自動車を抑えたという部分も、発展には貢献しています。地域や地位に関係なく持てるのが夢の体現には不可欠な要素になっていくのです。

エンジンの特徴とパワー

自動車の制御装置に大きく関与するエンジンは、排気量の状況における確認が重要な側面になっています。故障の可能性を示唆するような内容を見ていけば、燃費におけるロスを減らしていくような状況にもつながり、アイドリングなどいろいろな状態を予測してみる姿勢が大事なのです。さらにエンジンの回転率を上げていくには普通車と軽自動車の内容を徹底的に比較して、双方に見合う方法を採用していくことも大切です。実用性を優先していくような内容がここ数年では大いに語られているので、ドライバーにとって快適な乗り心地がどういうものかを予測する部分も大事になります。
その一方でインターネット上ではエンジンのパワーを強化させるようなエッセンスを取り入れるプロジェクトも始まっており、走行中にデータを収集してみるコンピュータシステムも重要な内容となっていきます。国産車では性能に特化したモデルから環境配慮を優先させるような内容まで幅広く扱われているため、選ぶ方にも楽しみが生まれているのです。よって燃費に優れるハイブリッドにおいても、エンジンの性能は重要視されることから、将来性を予測して賢明な判断を下していくようにする部分が大事です。

蒸気のメリットとデメリット

自動車の原点に相当する蒸気のタイプは、英国の産業革命の時期に誕生したことが今でも語られています。世界へ動力で動かせる装置を開発したということの衝撃は、当時はものすごいものであったと記された記録も残されており、登場した際はメリットの方が多かったという風にも見られています。メカニカルな内容は当時の人を感化させ、これから発展していくであろう時代への期待にもつながったのです。
その一方で動力の開発や石炭の高騰により、こういった内容にも限界が出てきたとある情報誌では語っています。世界的な恐慌が原因のひとつにもなっており、石炭は機関車など大掛かりな装置に優先されて使用されるようになったのです。今日使われているクルマと呼ばれる装置は、わが国も多大な貢献をしていて、世界をリードする産業にまで発展しています。日本人が感じるデメリットが世界ではまだまだ現役で使用されているというケースもあるので、これからの時代は環境を含めた人とのかかわり方についても真剣に考えていくことが重要になるのです。このようにメリットとデメリットの双方を確かめながら、従事者は世の中へ還元していくようにする事柄が大事な要件にもなっていきます。

蒸気自動車のなりたちと特徴

蒸気自動車とは、その名のとおり蒸気機関を用いて動く自動車のことです。また、人類で初めての人工的なエネルギーを利用して動くことのできる乗り物です。蒸気自動車が作られた(発明)されたのが1700年代です。これは、有名な蒸気船や蒸気機関車よりも先に作られた(発明)されたことになります。そして、これを開発したのがフランスの発明家です。つまり、蒸気自動車を作ったのはフランスが最初ということです。当時のフランスでは、荷物を運ぶときや野戦時での大砲や弾薬、火薬などの運搬を行う馬や荷車の代わりとして使用されていました。そして、フランスで使われていたのが、産業革命の始まりであるイギリスでも作られるようになりました。イギリスで使用して実用化をされたが、フランスと同様に蒸気自動車に関する法律が決められてしまい、事実上路上運行が不可能になってしまいました。この自動車の特徴は、蒸気機関であるピストンが回転運動をすることにより動く仕組みでした。現在では、蒸気機関を小型化することができます。また、騒音とはまったく逆の静かでした。現在のような複雑なギアチェンジなども存在しないため扱いやすく、とても加速が速いのが魅力でした。

意外と知らない自動車の歴史

}PgžxQ今や私達の生活に無くてはならない自動車ですが、その歴史を知っている人は少ないと思います。そもそも、自動車はどのぐらい前に誕生したのでしょうか。

世界で初めて車が誕生したのは、今から約250年前の1769年にさかのぼります。日本はまだ江戸時代まっただ中の時代で、当時のヨーロッパでは馬車や人が主に荷物を運搬していました。その時代に、フランスでニコラ=ジョゼフ・キュニョーという人によって、蒸気の力で走る世界初の車が誕生しました。これは、軍隊で用いる大砲を運ぶために開発されたもので、大きくて重いためスピードは10キロメートルにも満たなかったと言われています。ちなみに、この世界初の車は、走行実験の際にハンドルを切り損ねて壁に激突してしまったことでも知られており、「世界初の交通事故」を起こしたことも注目したい点です。

その後、現在私達が日頃使っている「ガソリン自動車」が誕生します。ガソリン自動車が誕生するのは、蒸気自動車の誕生から約100年後の1885年から1886年にかけてのことで、ドイツ人のゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツ、この2人の技術者が活躍しました。彼らの名前は、今もなおドイツ車のブランド名として受け継がれています。