初心者でも分かる運転免許の種類と区分、見方とポイント

現在の法令において運転免許には17の区分と3の種類が存在しており、その乗り物や用途に適応した免許を取得しない限り乗ってはならないという事になっています。
まず区分としては、第一種、第二種、そして仮の三つの種類に分かれています。これは目的に応じた免許の違いで、報酬を得て人の運搬を行う旅客運送であれば第二種が必要となりそれ以外の自家用運転であれ第一種で対応する事が出来ます。そしてそれらを取得する際に路上で運転するために必要なのが仮免となっているのです。
そして第一種の中に自動車が大中小の3つ、特殊自動車が大小の二つ、そして二輪が二つと原付が一つ存在します。
この際のポイントとしては基本的にサイズが大きくなれば下サイズの免許が付属して付いているというシステムになっているという事で、例えば中型自動車の免許を取得した場合、中型に加えて普通自動車に乗る事が可能です。また原付は小型特殊以外ならすべてに付属してくる免許なので、そこに加えて原付に乗る事が可能です、。
一方で第二種は自動車が3つあり大型特殊と牽引と5つ存在しています。
基本的にこれらは第一種と同じで大型になればなるほど下のサイズの物も付属して付いてきます、またその際に第一種の同様のサイズの免許も付属して付いてくるので、例えば第二種中型自動車を持っている場合第二種の中型と普通自動車、そして第一種の中型と普通自動車に原付に乗る事が出来ます。
アイランド02