車を維持するのに常時かかるコストの概要

車は今や生活には欠かせないものとなっています。一家に1台あるところがほとんどで、地方では一人1台というところもあるくらいです。
このように車ととても便利な反面、維持費といった費用もかかってしまうのです。
まず車は必ずどこかに停めなければなりません。車を購入する時には車庫証明というものが必要で、車を路上などに停めないように駐車場を確保してそこに停めるという証明をしなければならないのです。
その場合、家に空き地があればそこで車庫証明を取得することができますが、都会のなかではそのようなスペースも限られているためどこかで借りなければなりません。
そのため駐車場代というものが必要となります。これは1万円から高いところでは3万円以上にもなることがあり毎月支払う必要があります。
それと車を動かすにはエネルギーが必要です。最近でこそ電気を使用した車が増えてきましたが、基本的にはガソリンが必要です。
しかしこれが異常に高くなってきているのです。日本ではほとんど石油がとれません。そのためほとんどが輸入のためその市場価格に左右されてしまうのですが、これに税金もかかってとても高いものとなっています。
他にもメンテナンスや車検などの費用もあり、車を維持するにはお金がかかります。

1台維持するのに必要な維持費

車を1台維持するために必要な維持費とは、どれぐらいかかるものか知っていると、購入するときに目安とすることが出来て便利です。インターネットには計算シミュレーションがいくつもありますので、それらに自分が購入しようと思っている車の条件をあてはめて、計算してみるようにしましょう。
車の維持費の項目はどの車の場合でもほぼ同じです。ガソリン代、オイル交換代、自動車税、任意保険、12ヶ月点検、車検代金、高速料金、タイヤ代、駐車場代などです。例えば、任意保険は年齢制限無しのものに加入し、高速は年間2,500キロ走行、タイヤは3年毎に交換という基準の場合、それぞれの車の大きさなどによって異なってきます。
軽自動車の場合は、50万円程度です。1000CCクラスの車だと57万円程度であり、500CCクラスの車だと60万円程度です。2000CCクラスの車だと66万円程度で、2500CCクラスの車だと70万円程度です。3000CCクラスの車だと75万円程度であり、4000Ccクラスの車だと78万円程度です。4600CCクラスの車になってくると、90万円近くかかります。
また、ハイブリッドカーなどは別になり、2500CCクラスの車でも60万円程度と少し安くなります。

 

自動車維持に必要な維持費について

自動車の運転免許を取ると、自分の自由に乗れる車が欲しくなります。自動車について出ている雑誌などを見ているといろいろな車が載っていて、自分の好みの車両の目安もわかることでしょう。しかし、車を所有するというのはそれだければありません。
購入時には、諸費用がかかり、自賠責や取得税、重量税などのお金がかかってくるので、本体価格にプラスになります。これはその車によっても異なりますが、10~20万円程度の金額になります。購入時にローンを組めば、その後毎月ローンの返済をしていきます。
車に乗るようになると、忘れてはならないのが、任意保険の加入です。任意保険というのは、自賠責のほかに自分や車両などに何かが起こった時に補償してくれる保険です。若い人では、毎月2万円以上にもなることがあります。駐車場がない人では、借りなければなりません。毎月の駐車料金がかかります。さらには、新車登録から3年、その後2年ずつ、車検を受けることになります。車検の時には、再び自賠責や重量税などの法的に支払いが義務付けられている費用もともに払う形になります。
このような維持費のほかにも、普段のガソリン代やエンジンオイル、ブレーキオイル、故障の際の修理費など、本当にお金がかかるのです。

オゾン脱臭機と消臭

オゾン脱臭機は自動車内の空気をきれいにする効果があると言われています。オゾンの利用は自動車以外にも病院や研究施設など雑菌を殺すために利用去るほど効果が認められた物質です。オゾンによる脱臭効果はオゾン独自の機能ではなく、オゾンの殺菌効果を利用しています。オゾンの殺菌効果は匂いの原因となる細菌を殺し、また、ニオイ物質を処理する機能です。自動車用のオゾンによる脱臭機は自動車のダッシュボードの内側にあるエアコンの吹き出し口や、空気を循環させるファンの出入口に設置されることが多いようです。脱臭機を取り付けると燃費が悪くなる、ファンがうるさくなると言われていますが、細菌の脱臭機は性能がよくなっており、ほぼ燃費には影響がなく、また、ファンの音も聞こえない程度となっています。また、脱臭機を室内ではなくエンジンルームに取り付けるタイプも開発されています。エアコンの装置の一部として設置されることで効率よく脱臭を行えると言われています。また、簡易的な脱臭機も開発されており、後部シートの足元に置いて、車内の12V電源を利用して脱臭を行う装置も開発販売されています。オゾンを利用した脱臭機は今後も小型化、高性能化していくと考えられています。

車載用空気清浄機と消臭

車内でタバコを吸う習慣があると、どうしてもタバコの煙によって臭いが残ってしまうことになります。この時、同乗者がタバコを吸わない人だと、タバコの臭いを不快に感じてしまう場合が出てきます。そこで、近年では車載用空気清浄機が家電量販店などで販売されるようになりました。この製品は家庭用の空気清浄機よりも大幅に小型化されているため、車内に手軽に置いておくことが可能です。車載用は小型化されていますが、性能そのものは通常の空気清浄機と変わらないものがあります。そのため、車内の消臭をしっかりとできるようになっており、タバコの臭いなどにも効果が期待できます。数年前から本格的な車用の清浄機が大手の電機メーカーから発売されましたが、発売以後は販売が好調となって一時品薄になるほどになっています。大手の電機メーカーが発売した車載用の空気清浄機は、通常の機能の他にマイナスイオンを発生させることができる特徴があります。そのため、車内でもウィルスや花粉の除去ができるようになっています。使用方法としては、車に付いているシガーライター電源から電力を取ることが可能です。販売価格としては、通常の家庭用の空気清浄機よりは価格が安いために手軽に導入しやすい状況があります。

芳香剤と消臭

いま車を所持している家庭はたくさんあります。
自分の家族だけが乗るという人もいれば他の人も乗せることがあるという人もいます。
自分たちだけが乗る場合はそこまで気にならない臭いですが、他人を乗せる場合はやはり臭いは気になります。
特にタバコなどを吸っている場合は車内にその臭いが充満してしまう場合があります。
そんなときは芳香剤を使って臭いを変える方法があります。
いまいろんなタイプのものが販売されておりたくさんの種類の中から自分の気に入る臭いを選ぶことができます。
また臭いを消臭するには炭を置くのが一番効果があります。
車内に置くようの無臭の炭を購入し車内のどこかに置いておくとすぐに臭いを取り除いてくれます。
その後に新たな臭いをつけることで誰もが快適に過ごせるような臭いにすることができます。
また臭いが強くなってしまった場合、乗り物酔いをする原因となるので臭いの強さには気をつけなければいけません。
何個も置く必要はなく、1個おけば十分です。
また臭いの効果がなくなってきたときは印が出るのでそれから新しいものに取り替えれば大丈夫です。
リラックスできる臭いが一番で、自分好みの臭いを選んで同乗者に不快な思いをさせないような臭いを選ぶ必要があります。

消臭スプレーと消臭

いつも乗っている自分の車だと気付きにくい車内の匂いですが、ほとんどの人が何か対策をしているでしょう。本格的に消臭するための方法はあるのでしょうか。
ホームセンターの車関連の商品の棚には、必ずと言っていいほど、車用の消臭グッズが売られています。大体は、香りつきのタイプと無香料のタイプとあるはずです。これは、それぞれ好みが分かれるでしょうから、自分の好きなタイプを選べばよいでしょう。ただ、消臭グッズを使う前に、一工夫することで、消臭対策を徹底できます。
同じ車関連のコーナーに、車のシート用のクリーナーが売られているはずです。ウェットティッシュのようなもので、10枚で200円から300円程度の商品です。それを一緒に購入しましょう。そして、シートクリーナーで車のシートや天井の部分も徹底的にこすり、余裕があれば、固く絞った濡れ雑巾でふきとります。それだけで、シート部分に染み込んでいた汗や、匂いの元がきれいに取り除けるはずです。コーヒーやジュースなどの染みさえも薄くなって、見た目にもきれいになります。もちろん、タバコの吸殻などは典型的な匂いのもとですので、きれいに掃除しておきます。
このひと手間をかけてから消臭スプレーをすると、ただスプレーで匂いをごまかすよりも、消臭しやすくなるはずです。一度試してみてください。

光触媒スプレーと消臭

車に乗っていれば誰でも、車内の匂いが気になることはあるでしょう。消臭方法はいろいろありますが、どんなものが効果的なのでしょうか。
ホームセンターの車関連のコーナーには、さまざまな消臭グッズが売られています。消臭スプレーや、匂いを吸い取る置き型消臭などが一般的ですが、画期的で注目されている方法として、光触媒スプレーというものがあります。
光触媒の作用は、かなり前に日本で発見されたもので、薬剤など使わず、自然光や部屋の明かりなどと反応、周辺の有機物を吸着し、分解して、抗菌、消臭する効果があります。有機物は、例えば、匂いの原因となる物質、最近やウイルス、花粉のアレルギー物質などです。よって、光触媒は、インフルエンザ対策やカビ対策としても利用されているのです。
そして、光触媒の優れた点は、それ自体が身体に安全であることです。光触媒の材料は、食品添加物の着色料として認められている酸化チタンです。
そして、これが車の消臭にも効果的です。シートなどにスプレーすれば、布に染み込んだ匂いのもとを吸着し、分解してくれます。香りでごまかすのではなく、もとから匂いを取り除くことができます。効果は2~3ヶ月持続するようです。

消臭方法の種類について

車に乗っていると、どうしても気になる車内の匂いですが、消臭方法にはどのような種類があるでしょうか。
ホームセンターなどで車関連のコーナーに行くと、いろいろな匂い対策のグッズが売られています。いろいろありすぎて迷ってしまいそうですが、主に、一時的に気になるときにするスプレータイプと、常時車に置いておいて、匂いを吸い取るタイプとあるはずです。スプレータイプは、例えばタバコを吸ったときなどに、匂いが残らないようその場でスプレーでき、即効性があります。一方、匂いを吸い取るタイプは、即効性はないものの、置いている間、匂いを取り続けてくれます。ただし、匂いを吸い取るための液体や、粒々がなくなってしまった場合は、効果がなくなりますので、気を付けておいて取り替える必要があります。匂いが強い場合、また、高温の条件の下では、早くなくなりやすいようです。
また、これらの商品にも、香りが残るタイプと、無香料タイプがあります。これは、それぞれの好みで選べばよいでしょう。ただ、タバコなどの強い匂いが気になる場合は、香りが残るタイプを選ぶ人が多いようです。香りでごまかすのが嫌な人や、もともと香水などの香りが苦手な人は、無香料タイプを選ぶようです。
ただし、徹底した匂い対策のためには、これらの商品に頼るだけでなく、こまめに車内の掃除をして、匂いのもとをきれいにしておきましょう。