知っておいて損はない!車の豆知識

}PgžxQ
自動車を見たり買ったりする時に是非とも知っておきたい豆知識として、最近流行の「ハイブリッド」があります。
通常道路を走る動力源としてエンジンを使用します。エンジンはシリンダーと呼ばれる筒の中で燃料を燃焼(爆発)させてシリンダー内のピストンに力を加えて動かし、その上下運動をクランクシャフトという機構によって回転運動に変えてタイヤに伝えて動かしています。
このエンジンには燃料としてガソリンを使う物と軽油を使う物とがあり、ガソリンを使う物をガソリン・エンジン、軽油を使う物をディーゼル・エンジンと呼びます。どちらかといえば、小型化出来て高回転が可能なガソリン・エンジンが小型向きで、燃費の良いのが特徴ですが高圧に耐える為頑丈で大きな物になるディーゼル・エンジンは大型向きといわれています。
それでは、最近よく耳にするハイブリッド・エンジンとはどのような物なのでしょうか。ハイブリッドとは混合、混成という意味で、エンジンと電気―モータの組み合わせをそう呼んでいます。通常のエンジンの外にモータ、発電機、専用のバッテリー(蓄電池)を搭載しています。
基本的な考え方としては、低速走行時にはモータで走り、高速走行、加速時にはエンジンを来る今を走らせる動力として使用する一方発電機を動か動力として使用し蓄電池に電気を蓄えるのです。これによってモータで走る距離が長くなればなるほどエンジンで使用する燃料の使用量を格段に減らせることが出来、低燃費で排ガスを少なくすることが可能になりました。
この「ハイブリッド」の知識知っていて損はありません。